8月の赤城自然園(3) (撮影日:2017/8/17)

赤城自然園にレンゲショウマに会いに行きました。この時期、思いのほか多くの花々が咲いていました。

以下、その紹介(つづき)です。

カクトラノオ。
オカトラノオ、イブキトラノオなど、トラノオのつく高原の花はいろいろ見ましたが、これは園芸種でしょうか。ネットで調べたら、北米原産でハナトラノオともいうそうです。
b0369971_14373518.jpg


ボルトニア。藤色の花でさわやかな印象です。別名アメリカ菊。
b0369971_14381076.jpg

モミジガサ。
b0369971_14502079.jpg


ウバユリ。
b0369971_14510276.jpg


アザミ。鮮やかな紫色の花です。これからはとげが固くなり、カメラを向けるときなど痛い目に遭います。
b0369971_14524046.jpg


キセワタ(着せ綿)。
b0369971_14533062.jpg

キキョウ。ヤナギランと一緒に植えられていたのですが、ヤナギランが枯れ、勢いが出てきたようです。
b0369971_14565996.jpg


b0369971_14564482.jpg


以下、おまけ編につづく。

[PR]

# by toshis_photoblog | 2017-08-19 15:02 | 花 (里の花) | Comments(0)

8月の赤城自然園(2) (撮影日:2017/8/17)

赤城自然園にレンゲショウマに会いに行きました。この時期、思いのほか多くの花々が咲いていました。

以下、その紹介です。

最初に目に飛び込んできたのは、初秋の花、シュウカイドウです。濃いピンクと薄いピンクのツートンカラーがよいです。
b0369971_11130862.jpg


b0369971_11132005.jpg


b0369971_11133465.jpg


b0369971_11134717.jpg

キツリフネ。
b0369971_11211121.jpg


ナツズイセン。咲き終えた花が目立っていたので、見場のよいのを探して…。
b0369971_11221592.jpg

b0369971_11222787.jpg


コオニユリ。園内随所に見られました。いかにも、夏らしい花で、好きな花の一つです。
b0369971_11241118.jpg


b0369971_11242337.jpg


b0369971_11251679.jpg

ノカンゾウ。
b0369971_11310826.jpg


キツネノカミソリ。おもしろい名前の花です。園内のあちらこちらに咲いていました。
b0369971_11335834.jpg


b0369971_11341976.jpg

タマアジサイ。初見の花です。つぼみがまん丸いので、この名前がついているのでしょうか。
b0369971_11362485.jpg

シキンカラマツ。藤色と黄色のツートンがすてきです。この花にも惹かれます。
b0369971_11393340.jpg


b0369971_11390437.jpg

ミズヒキ。これも秋の花です。心惹かれる花ですが、この、小さくて細長い咲き方はとても撮影しづらいです。
b0369971_11431852.jpg


b0369971_11444922.jpg

キンミズヒキ。(たぶん)
b0369971_11452106.jpg

フシグロセンノウ。見た目はもっと濃い朱色です。
b0369971_11560201.jpg

オミナエシ。
b0369971_11581241.jpg

オミナエシとワレモコウ。秋の花の競演です。
b0369971_12004631.jpg

オトコエシ。オミナエシの兄弟でしょうか?
b0369971_12025875.jpg

咲き誇るオミナエシ、その手前に咲く白い花はオトコエシ。
b0369971_14240888.jpg



まだまだ紹介しきれません。(3)につづく。





[PR]

# by toshis_photoblog | 2017-08-19 14:06 | 花 (里の花) | Comments(0)

8月の赤城自然園(1) (撮影日:2017/8/17)

レンゲショウマに会いに赤城自然園にやってきました。

夏休み中ということで人出は多く、特にレンゲショウマは大人気です。

少し遅いかな、との思いも杞憂で、まだまだ見ごろでした。前日までの雨にぬれ、森の妖精たちが迎えてくれました。
b0369971_10093673.jpg

シャイな花は下向きに咲き、私を含めカメラマンは濡れた地面にはいつくばっての撮影でした。
b0369971_10100153.jpg

しかし、地面にはいつくばって見るからこそ、かわゆくそして幻想的な花の姿を見ることができるのだと思うのです。
b0369971_10102689.jpg


b0369971_10104499.jpg


b0369971_10110503.jpg

上から見れば、レンゲショウマの草むらはこんな具合です。なんの変哲もありません。それが、近くによってよく見れば、そのかわいい姿に感動し、みんな等しく虜になっていました。
b0369971_10171161.jpg

赤城自然園は、この時期、レンゲショウマ以外にもたくさんの花が咲いていました。(2)以降で紹介します。




[PR]

# by toshis_photoblog | 2017-08-19 10:31 | 花 (里の花) | Comments(0)

タカサゴユリ (撮影日:2017/8/18)

わが家のタカサゴユリがやっと咲き始めました。

2016年8月19日撮影の昨年の記事を見てみると、ずいぶんとたくさん咲いていました。やはり、今年はどの花も咲くのが遅れるようです。毎日まいにち雨で、涼しい日が続いているのですから、しょうがないでしょう。

昨夜ずいぶんと雨が降ったので、花にはまだ雫がついていました。

ユリにしては控えめで、それでいて気品もあり、よい花です。

b0369971_09455276.jpg


b0369971_09461175.jpg


b0369971_09471878.jpg

わが家のタカサゴユリは、どこからともなく種が飛んできて、自然に居ついたものです。それで、邪魔にもせず、大切にもせず、生えるにまかせいてるのですが、毎年けなげに花を楽しませてくれています。



[PR]

# by toshis_photoblog | 2017-08-18 09:57 | 花 (わが家) | Comments(0)

万治の石仏 (撮影日:2017/8/10)

高ボッチ高原での撮影を朝8時に切り上げ、家に戻る途中、下諏訪町にある「万治(まんじ)の石仏」に立ち寄りました。

田んぼの中にたたずむ何とも親しみあるお姿を、一度直に見てみたいと思っていたのです。

万治の石仏は、下諏訪町諏訪大社下社春宮の脇を流れる川のほとりにあります。春宮の参拝客がついでに訪れる程度で、人影はまばらでした。

ありました。感動というより、思わず笑みがこぼれてしまいました。田んぼで草取りをしているおじさん、と呼びたくなるような、ほんとうに親しみ深いお姿です。
b0369971_17124583.jpg

雪降るときもいいかもしれませんが、夏の強烈な光の下にたたずむ素朴なお姿もいいと思います。
b0369971_17131201.jpg

入り口には、案内看板がありました。物事をばんじ(万治)丸く治めて願いを聞いてくれるありがたい石仏と、あります。かの岡本太郎は「世界中歩いているがこんなに面白いもの見たことない」と絶賛したそうです。
b0369971_17133003.jpg

町のパンフレットによると、正面で「よろずおさまりますように」と念じ、石仏のまわりを願い事を心で唱えながら時計回りに三周すると、願いが叶うそうです。







[PR]

# by toshis_photoblog | 2017-08-16 17:31 | 雑記 | Comments(2)